金属アレルギー 敏感肌 化粧品

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1挺進集団第1挺進団 挺進第2連隊(宮崎県児湯郡川南町)

Category : 陸軍空挺部隊一覧 |


DSC05456_R.jpg

挺進第二聯隊隊歌
一、
男命の捨てどころ 果て無き空ぞ我が住家
翼銀翼日の丸に 乗せた身体よ若人よ
大和男児の気ははやる

二、
サッと飛び出す急降下 パッと開いた白百合は
ちぎれの雲か浮雲か 敵のとりでも目の下に
大和男児の胸は鳴る

三、
腕だ度胸だ男なら 日本刀がもの言うぞ
燃ゆる朝日を背に浴びて 頼むぞさらば荒鷲よ
大和男児の言づけを

四、
あゝ空征かば空征かば 大和男児の雄叫びに
世界平和の鐘が鳴る 香りもゆかし白百合の
悠久燦たり挺進兵


作詞者不明

パレンバン降下作戦
パレンバンのBPM精油所を攻撃する挺進第二連隊 川南空挺慰霊祭にて

挺進第1聯隊に続き、昭和16年末に新設されたパラシュート部隊が挺進第2聯隊です。
所沢で選抜された人員を新田原へ送り込み、初期の降下訓練を終えた時点でパレンバンへ向かう挺進第1聯隊を乗せた輸送船が沈没。
まだ組織すら固まっていなかった挺進第2聯隊は、第1聯隊の代わりにパレンバン作戦へ投入されます。
昭和17年2月、パレンバンへ降下した第2聯隊は精油所2箇所と飛行場の確保に成功。
その戦果は大々的に報道され、「空の神兵」と讃えられました。
パレンバンに参加しなかった中隊は第1聯隊主力と共にラシオ空挺作戦に投入されますが、悪天候に依り作戦中止。

その後の第2聯隊は、挺進第1聯隊と共に東南アジア各地で待機を続けます。
しかし、出撃の機会はないまま帰国。
新田原の兵舎を挺進第3聯隊と挺進第4聯隊が使っていたため、川南空挺基地が完成するまでは熊本県の菊池飛行場を間借りしていました。
以降、第1聯隊と第2聯隊は第1挺進団、第3聯隊と第4聯隊は第2挺進団として配備されます。

完成した川南空挺基地へ移動した挺進第2聯隊は、第2挺進団が出撃して行く中で宮崎に残ります。
主力は米軍上陸に備えて川南防衛にあたり、兵員の一部は挺進戦車隊による沖縄特攻作戦参加のため福生へ移動。
そのまま国内で終戦を迎えました。

第2聯隊の兵舎は川南町の東地区にありましたが、現在は農業試験場と東小学校になっています。
小学校の建物も昭和40年代に改築されてしまい、木造二階建て兵舎は小学校のアルバムに姿を記すのみです。

DSC05452_R.jpg
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。