金属アレルギー 敏感肌 化粧品

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1挺進集団第1挺進飛行団 滑空飛行戦隊(茨城県つくば市)

Category : 陸軍空挺部隊一覧 |

DSC05400_R.jpg

グライダーにより滑空歩兵を空輸する、西筑波飛行場の飛行隊。
パラシュート部隊を空輸する、新田原飛行場の「挺進飛行隊」とは別途編成されました。

陸軍落下傘部隊挺進第2聯隊によるパレンバン作戦では、パラシュートによる降下がおこなわれました。
その際、小火器しか携行できずに苦戦したことが問題となり、グライダー(滑空機)による重火器や車両の投入方法が採用されます。
当初は新田原飛行場で始まった滑空班の研究は、所沢を経て西筑波飛行場を拠点に本格的な訓練へ移行。
クー8滑空機の量産開始によって、滑空飛行戦隊および滑空歩兵部隊の創設へと繋がって行きます。
更に空輸能力を向上させたク-7滑空機も配備する計画でしたが、試作機2機が完成した所で終戦となりました。

陸軍落下傘部隊は、パラシュート部隊、グライダー部隊、空輸部隊の三つに分かれていました。
・パラシュート部隊である挺進第1聯隊、挺進第2聯隊、挺進第3聯隊、挺進第4聯隊は、南方作戦への切り札として宮崎県唐瀬原飛行場に駐屯。
・グライダー部隊である挺進第5聯隊(滑空歩兵第1聯隊・滑空歩兵第2聯隊・挺進第1機関砲隊に再編)は、小笠原方面への備えとして西筑波飛行場に駐屯。
更に、唐瀬原でも挺進工兵隊、挺進通信隊、挺進戦車隊といったグライダー搭乗部隊が続々と編成されています(挺進通信隊の無線中隊だけはパラシュート降下部隊)。
・パラシュート部隊を空輸する挺進飛行隊は宮崎県の新田原飛行場に、グライダー部隊を空輸する滑空飛行戦隊は茨城県の西筑波飛行場にそれぞれ配置される事となりました。

滑空
筑波上空でク―8滑空機を曳航中の滑空飛行戦隊。川南空挺慰霊祭にて

輸送機の飛行に専念する挺進飛行隊と違い、重いグライダーを曳航する滑空飛行戦隊は危険の多い部隊でした。
研究段階にあった滑空飛行戦隊では立て続けに死亡事故も発生しています。
一度目は無人グライダーの墜落に曳航機が巻き込まれ、パイロット1名が殉職したケース。
二度目は曳航索の切離しに失敗、引きずったワイヤーを樹木に引っ掛けてグライダーが墜落、搭乗の滑空歩兵が全滅したケース。
激しい訓練の影響で、周辺住民への被害も頻繁に起きていました。グライダーから垂れ下がったワイヤーに直撃され、西筑波飛行場附近で農作業をしていた女性が両腕を切断した事故もあります。

「空の神兵」と謳われ、華々しく報道された唐瀬原のパラシュート部隊と違い、西筑波のグライダー部隊は地味な存在でした。
戦争後期に誕生した滑空飛行戦隊は殆んど活躍の場を与えられず、昭和19年10月にフィリピンまで無線機を輸送した程度の運用にとどまります。
グライダーを曳いてノロノロと飛行する編隊など、フィリピン空域の米軍機にとって単なる標的でした。
そのため、グライダーは中継地点の台湾へ残し、そこから先は曳航機の97式重爆のみで無線機輸送がおこなわれます。
案の定、フィリピンへ物資を届けた滑空飛行戦隊は米軍機の空襲に遭遇。台湾へ帰還途中、中隊長機が撃墜されるという損害を蒙りました。

続いて、滑空飛行戦隊はルソン防衛に赴きます。しかし、グライダーに乗せる筈の滑空歩兵第1連隊および滑空飛行戦隊の先遣チームが空母雲龍と共に撃沈され全滅。
後続部隊が台湾まで移動したところで作戦中止となり、パイロット達は西筑波へと撤収します。
空輸部隊を失った滑空歩兵第2聯隊、挺進機関砲隊、挺進工兵隊、挺進通信隊、そして滑空歩兵第1聯隊の生き残りは、せっかくのグライダー空挺能力を発揮できないままルソン島の地上戦に投入されました。

西筑波で訓練を続ける滑空飛行戦隊ですが、米軍機の襲撃を受けて撃墜されるなど被害が続出。
滑空飛行戦隊は空襲を避けるため、挺進飛行隊の残余と共に北朝鮮へ移動していきました。
昭和20年8月、滑空飛行戦隊、挺進第2聯隊および挺進戦車隊の混成部隊が沖縄へのグライダー特攻を計画しますが、その前に敗戦を迎えます。

ソ連軍侵攻によって北朝鮮からの脱出にも失敗した滑空飛行戦隊員は、その多くがシベリアへと抑留されました。
福生に集結していたグライダー群も、台風で壊滅。戦後の福生に残骸を晒すこととなりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。