金属アレルギー 敏感肌 化粧品

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1挺進集団司令部および唐瀬原飛行場(宮崎県児湯郡川南町)

Category : 陸軍空挺部隊一覧 |


DSC00585_R_201411241107023f6.jpg
川南護国神社慰霊祭にて

昭和16年以降、陸軍落下傘部隊の戦力化と錬成にあたったのが「挺進練習部」です。
その役目を終えた昭和19年秋、挺進練習部は全ての陸軍空挺部隊群を指揮下に置く「第1挺進集団司令部」へ再編されました。
今回は、陸軍空挺部隊の中枢であったこれらの組織を紹介しましょう。

挺進練習部があったのは、宮崎県児湯郡川南(かわみなみ)町。2010年の口蹄疫騒動で畜産業が大打撃を受けた地域です。
当時は随分と報道されていたあの町が、帝国陸軍空挺部隊の本拠地だったということは余り知られていません。

満洲国から九州へ

昭和15年、陸軍空挺部隊は静岡県の陸軍浜松飛行学校で創設されました。
翌16年5月には、防諜上の理由により満洲国の白城子飛行学校へ移転が決定します。7月から新天地での訓練を開始したものの、白城子は半年のあいだ雪に閉ざされることが判明。これでは訓練もままなりません。
飛行場と降下場を有し、冬でも温暖な訓練地として、宮崎県の陸軍新田原飛行場へ再移転したのが同年9月のこと。
更に、北側の川南村(現在の川南町)にあった軍馬補充部高鍋支部塩付分厩をパラシュート降下場へ転換した陸軍空挺部隊は、「挺進練習部」として落下傘部隊を戦力化すべく努めます。
アメリカとの開戦を目の前に、猛スピードで部隊の錬成が進められました。

宮崎県のパラシュート部隊
満洲国から新田原飛行場へ移転した挺進練習部は、戦況の激化に伴って規模を拡大していきました。
パレンバン作戦に第1挺進団(挺進第1聯隊と挺進第2聯隊)を投入した後、更に第2挺進団(挺進第3聯隊と挺進第4聯隊)も新設。
それによって新田原飛行場が手狭になると、唐瀬原飛行場を中心とする川南空挺基地も建設されました。
挺進練習部の司令部と挺進第1聯隊、挺進第2聯隊は睦~東地区、飛行場は黒坂地区(10号線海側)、降下場は塩付~夜明原一帯(10号線尾鈴山地側)に設置されています。

茨城県のグライダー部隊
昭和17年には、パレンバンの戦訓を元に重装備を輸送可能なグライダー部隊も誕生しました。
将来的にパラシュート空挺師団とグライダー空挺師団への発展を目指す挺進練習部では、茨城県西筑波飛行場に5番目の連隊を移動し、グライダー空挺部隊の拡充に取り組みます。
以降、唐瀬原のパラシュート部隊、西筑波のグライダー部隊、新田原の空輸部隊に分れての運用が進みました。

挺進練習部から第1挺進集団へ
昭和19年10月、フィリピンに米軍が上陸。レイテ島防衛のため、直ちに第2挺進団が派遣されました。
11月、その役目を終えた挺進練習部は「第1挺進集団」へと改編。新田原・唐瀬原・西筑波に分散していた挺進飛行団、第1および第2挺進団、滑空歩兵2個連隊、挺進戦車隊、挺進工兵隊、挺進通信隊、挺進機関砲隊、挺進整備隊を傘下に置きます。
準師団規模となった陸軍空挺部隊ですが、実際は各個バラバラに運用されていきます。
12月19日、既にフィリピンへ出撃していた第2挺進団、国内で戦力を温存していた第1挺進団と挺進戦車隊を除き、挺進集団司令部は残る戦力を率いてルソン島へ向かいました。
しかし、空母雲龍に乗船していた滑空歩兵第1聯隊の主力と挺進工兵隊、挺進通信隊、挺進機関砲隊、滑空飛行戦隊の先遣チームが、海路移動中に撃沈されて全滅。
第1挺進集団は、戦う前に兵力の半数を失ってしまったのです。
別の船団でフィリピンに上陸した残存部隊は、米軍の空襲を避けながらクラーク基地に集結。
空路でフィリピンへ到着した塚田集団長は、建武集団に組み込んだ滑空歩兵第2聯隊を主力としてクラーク防衛にあたりました。

フィリピンでも第1挺進集団の全部隊が集結することはなく、挺進集団司令部、滑空歩兵連隊、挺進工兵隊、第2挺進団、挺進飛行隊などが各地に分断されつつ戦闘を繰り広げました。
国内に残る空挺部隊は第1挺進団長が指揮をとり、サイパン・沖縄への特攻作戦や本土決戦に対応しています。

戦争末期、フィリピンの陸軍空挺部隊は飢餓に苦しみつつジャングルへ立て籠もりました。
彼等が米軍に投降したのは、終戦から一ヶ月も後のことです。
国内に残留していた第1挺進団は、敗戦と共に特攻作戦の中止と復員業務、唐瀬原飛行場の農地開放、宮崎県への物資引渡し、進駐軍との交渉など終戦業務に奔走。
すべての残務処理を終えた昭和20年末、やがてフィリピンから帰国するであろう傷病空挺兵のため唐瀬原病院職員として幾名かの空挺隊員を潜入させ、その活動を終えました。

第1挺進集団司令部および挺進第1連隊・挺進第2連隊兵舎

川南
第1挺進集団司令部と第1挺進団(挺進第1連隊・第2連隊)の兵舎があったのは東地区と睦地区。現在の県立畜産試験場川南支場から川南町立東小学校付近でした。
唐瀬原飛行場滑走路は隣接地の黒坂地区に、国道10号線を挟んだ塩付地区の夜明原あたりにかけてはパラシュート降下場が設置されています(現在はお茶畑)。

DSC00763_R.jpg
第一挺進集団司令部および唐瀬原飛行場全景。かつては画面奥に空挺部隊の基地が広がっていました。

DSC00736_R.jpg
このへんの公的施設が、かつてここに挺進司令部が存在した痕跡を示すのみ。

DSC00710_R.jpg
宮崎県畜産試験場川南支場。口蹄疫終息宣言から随分と経ちますが、畜産施設入口には消毒用の石灰が散布され続けています。この付近から小学校あたりにかけて、第1挺進集団司令部の各種施設や病院・倉庫・慰霊施設が集中していました。

DSC00698_R.jpg
戦後、東地区の空挺兵舎は空襲で焼け出された宮崎師範学校の臨時校舎として利用されます。続いて町立小学校が移転してきた後、昭和40年代の改築工事によって旧軍の施設は完全に消滅してしまいました。
現在は、小学校のアルバムに木造二階建て兵舎の姿を記すのみです。

唐瀬原飛行場

滑走路
かつて唐瀬原飛行場があった国道10号線黒坂交差点付近。
秘密部隊であった空挺部隊の川南転入とともに国道10号線(当時は3号線)は封鎖され、川南から海岸沿いを都農町へ抜ける迂回道路の建設が始まりました。
国道10号線といえば、今も昔も宮崎県の動脈です。それすら遮断した川南空挺基地の建設は、宮崎県の交通や物流にも多大な影響を与えました。

DSC00784_R.jpg

DSC00791_R.jpg
この道路の左側に、1500メートルの滑走路が並行するように設置されていました。

黒坂
滑走路部分は表土を剥ぎ取られた上に砕石を敷き詰めてあった為、戦後の開墾作業では凄まじい苦難を強いられたとか。
かつてを偲ばせる飛行場の遺構は、何も残っていません。

塩付パラシュート降下場

DSC00796_R.jpg
JA果汁工場裏の夜明原に広がる農地。元々は軍馬補充部高鍋支部塩付分厩の牧場でした。
ここ一帯がパラシュート降下場へ転換され、映画「空の神兵」のロケ地にもなりました。

DSC00799_R.jpg
尾鈴山方面より眺める塩付降下場跡。この広大な平野に、かつては沢山のパラシュートが舞っていました。

DSC00804_R.jpg
2010年に口蹄疫の大打撃を受けた川南町には、このような家畜慰霊碑が設置されています。

DSC00807_R.jpg
空の神兵たちが訓練に励んだ塩付降下場も、現在は静かな農村となっています。

川南空挺基地の戦後
昭和20年8月15日、川南の挺進集団司令部留守部隊では、塚田集団長が不在のまま戦後処理へ移行。
中村第1挺進団長のもと、陸軍上層部や宮崎県庁との交渉を経て復員業務と川南空挺基地の農地開放が行われました。
同時に海外引揚者による大規模な集団入植が始まります。軍都川南は、開拓の町として再スタートしたのでした。

空挺兵舎の一部は病院や学校、開拓者の臨時住居として利用されたものの、多くの人にとっては開拓の邪魔に過ぎませんでした。やがて、巨大な空挺施設群は次々と取り壊されてしまいます。
昭和40年代あたりで空挺基地の遺構はほぼ消滅。現在は挺進第3聯隊兵舎の給水塔を残すのみとなります。
歳月が流れると共に、「川南の落下傘部隊」の記憶も風化していきました。
今では唐瀬原基地のことを知る人も少なく、某Wikipediaの解説ですらちょっと触れる位。かくして、空の神兵は国内のどこで訓練していたのかも分からない「幽霊部隊」となってしまいました。



せめて軍事専門家や軍事オタクならば、自国の空挺部隊司令部が何処に在ったかくらい知っているだろう。
……などと思っていたらそうでもないんですよね。

かれこれ10年以上ネットや書籍を観察してきましたが、当時から川南空挺基地を取材してきたのは、宮崎県の自治体と新聞社、そして郷土史研究家くらいですか。地道な調査のおかげで、宮崎県には貴重なレポートが残されました。
その他は「酷い」のひと言に尽きます。
高千穂空挺隊や義烈空挺隊について展示している知覧特攻平和会館でも、唐瀬原飛行場に関する解説は何故か皆無。
元空挺隊員の手による著作を除き、ミリタリー雑誌はモチロン、戦時遺構や特攻をテーマにした書籍からも完全に無視されています。せいぜい「PXマガジン」と「歴史群像」で名前だけ登場したくらいですか。
「空の神兵を讃えよう」と叫ぶ人々も、実際に興味があるのは戦場の武勇伝ばかり。対象の部隊がどこでどうやって実戦レベルへ成長したのかは見向きもしません。
言葉だけ飾り立てたところで、「空の神兵」に対する実際の認識はこの程度なのです。

例えば、ゴードン・L・ロットマン、滝沢彰両氏の共著「日本軍落下傘部隊」では、下記のように解説しています。
「結局のところ、同年8月に同部隊は日本に戻って、宮崎県高鍋の新田原飛行場に駐屯することになった。以降、新田原は終戦まで陸軍落下傘部隊の根拠地として機能する(「日本軍落下傘部隊」より)」

この記述は間違いではないのですが、正しくもありません。
新田原飛行場と唐瀬原飛行場を混同した上、地名も間違っています。現地取材をするまでもなく、日本地図で確認できるんですけどね。
新田原飛行場があったのは「児湯郡高鍋町」ではなく「児湯郡新富町(当時の新田村と富田村)」。高鍋町と新富町は戦前から別々の地方公共団体です。
この辺はかつての日本陸軍も似たり寄ったり。新田原飛行場を「高鍋飛行場」と命名しようとして、新田村会の猛反発を喰ったという騒動が起きています。今も昔も、地域への傲慢な目線がこのような失敗をやらかす原因なのでしょう。

空挺歌碑
降下兵を空輸する挺進飛行隊が配置されていたのは「新田原飛行場」
現在の航空自衛隊新田原基地にも空挺歌碑が設置されています(新富町にて)

DSC00664_R.jpg
挺進部隊の各聯隊がいたのは「唐瀬原飛行場」
唯一現存する挺進第3聯隊兵舎の給水塔(川南町にて)

ウソをつくな!新田原飛行場は高鍋町にあるのだ!専門書に書いているから間違いない!とおっしゃるならば、新富町役場と高鍋町役場と川南町役場の位置をグーグルマップか何かで確認してみてください。西都市あたりは無視して。
軍事専門家が本で何を書こうと、現実世界における空挺部隊の遺構は高鍋町ではなく川南町に存在しています。九州の地理なんか知った事ではないかもしれませんが、事実は事実。
陸軍空挺部隊が新田原と唐瀬原と西筑波に配置されていたコトを明確にするだけで、無用な混乱も避けられるのですが。
   
DSC00586_R_201411241107073dd.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。